ダニエル 2章

「それから、ダニエルは自分の家に帰り、彼の同僚のハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤにこのことを知らせた。彼らはこの秘密について、天の神のあわれみを請い、ダニエルとその同僚が他のバビロンの知者たちとともに滅ぼされることのないようにと願った。そのとき、夜の幻のうちにこの秘密がダニエルに啓示されたので、ダニエルは天の神をほめたたえた。」(17‐19節)

ダニエルは、自分も自分の同僚たちも殺されるということを知りました。命の危険は迫り、何か行動を起こさなければならない状況でした。ダニエルは同僚のところに行き、共に、祈りました。彼らは特別に教育を受けた、賢い人たちでした。彼らは知っていました。問題の中で一番賢い行動は、祈るということであることを。事実、神は彼らの祈りに答え、ダニエルに啓示を与えられます。ダニエルが私たちに伝えているメッセージはこれです。「パニックになってはいけません。祈りなさい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>