エゼキエル 44章

「しかし、イスラエル人が迷ってわたしから離れたときもわたしの聖所の任務を果たした、ツァドクの子孫のレビ人の祭司たちは、わたしに近づいてわたしに仕え、わたしに脂肪と血とをささげてわたしに仕えることができる。―神である主の御告げ。―彼らはわたしの聖所にはいり、わたしの机に近づいてわたしに仕え、わたしへの任務を果たすことができる。」(15,16節)

キリスト教会とは、キリストをあがめ、神のみ言葉である聖書が語られる所です。二〇世紀、近代主義の影響で自由主義神学と呼ばれる聖書の権威を否定する運動が起こりました。その中で、残念ながら聖書を神のことばとして語るという任務を放棄してしまう人々が出ました。しかし、どんなに批判されても誠実に聖書を神のことばとして語り続けた人々もいました。その一人が、ビリー・グラハム。神は誠実に任務を果たし続けた人を用いられました。今も神は忠実な人を探しておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>