エゼキエル 7章

「わたしがあなたの行ないに仕返しをし、あなたのうちの忌みきらうべきわざをあらわにするとき、あなたがたは、わたしがあなたがたを打っている主であることを知ろう。」(9節)

聖書の中で神の名前は、色々な表現で出てきます。創世記22章では、

「アドナイ・イルエ」(14節)「備え主」。

エレミヤ23章では、

「主は私たちの正義」。

さらに士師記においては、

「アドナイ・シャローム」(6:24)「平和の主」。

今日のエゼキエル書の箇所では、

「あなたがたを打つ主」

として記されています。「あなたがたを打つ主」というのは、あまり嬉しくない表現です。しかし、正義の神は罪を打たないわけにはいきません。ですから、イエス・キリストが私たちの身代わりとなって、あの十字架で打たれました。

「彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」(イザヤ53:5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>