入学式

4月に入り、いよいよ新しいスタート。進級したり、進学したり、就職したりと皆さんの周りでも様々な変化があったのではないでしょうか。祈りつつ送り出す、我が家もそんな日々を過ごしています。さて、先日次男の高校の入学式に出席してきました。次男は2組なのですが、1組に「こやましおん」という名前の女の子がいて驚きました。「こやま」と呼んでも「しおん」と呼んでもどちらが呼ばれたかわかりません。こんなこと初めてでその子の顔を見てみたくなりましたがあいにく前方に正面を向いて座っていたため後姿しかわかりませんでした。先生方はどう区別するのかとちょっと気になります。そう考えると、神様が私たちの名前を呼ぶということは、単に名前を呼ぶ、というだけではないのですね。存在を呼ぶということはその人自身を呼ぶ、ということ。つまり神様の前に同じ「名前」は存在しない、ということだと思います。2組にも「しおん」という名前の女の子もいるのです。さあ、大変。次男の高校生活の名前にまつわる混乱は続くかもしれません。 (小山晶子牧師婦人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>