Ⅱ歴代誌 7章

「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。」(14節)

聖書は、私たちの「地」がいやされる必要があると言います。この地上には、多くの悲しみ、傷があり、いやされる必要があると言うのです。その方法は、「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり」祈ることだと言います。誰かのせい、何かのせいにするのではなく、キリストの御名によって祈ることが出来るクリスチャンたちが、まず、祈るということです。自分の力で何とかなると思わず、へりくだって、神を求めること。それは、ご利益を求めることではなく、神様ご自身、主の御顔を慕い求めることです。そして、「悪い道」から立ち返ること。「悪い道」とは自己中心の道。「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。」(箴言14:12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>