エレミヤ 20章

「しかし、主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。」(11節)

10節でエレミヤは言います。

「四方八方から脅す声が聞こえるので、私はおじけづきます。」(LB)

エレミヤは、人々の笑い者になり、ばかにされ、脅され、

「もう辞めたい」

と思いました。しかし、そのような中で、エレミヤは主に目を向けることによって確信を得ます。

「しかし主は、偉大な勇士のように私のそばに立っています。」(LB)

この視点の転換こそが失望を確信に変える秘訣です。エレミヤは神が側に立っておられることに気づいたのです。使徒パウロも似たような表現を用いています。

「神が味方なら、だれが私たちに敵対できるでしょうか。」(ローマ8:31LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>