エレミヤ 16章

「人間は、自分のために神々を造れようか。そんなものは神ではない。」(20節)

LBではこう訳しています。

「神を造ることが人間にできるでしょうか。人間の造る神々は本物の神ではありません。」

人間が造ることができる神々は、聖書的には神ではありません。聖書に出てくる神の名は

「YHWH」

で、それは英語の「BE動詞」にあたり、存在を意味します。

「自立自存」

という意味です。つまり、何か原因があって存在したものは、聖書の定義では神とは呼べないのです。ですから人間が造り出したものは、神とは呼べません。しかし、いつの時代も人間は神々を造ろうとします。自分に都合のよい神々を造り出そうとするのです。しかし、聖書ははっきりと、「そんなものは神ではない」と言います。私たちは、自分の理想の神々を考え出すのではなく、神の言葉である聖書からまことの神を学ぶ必要があります。今日は主の日。主なる神を心から礼拝しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>