エレミヤ 12章

「主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、さばきについて、一つのことを私はあなたにお聞きしたいのです。なぜ、悪者の道は栄え、裏切りを働く者が、みな安らかなのですか。」(1節)

神に質問をすることは、悪いことではありません。生きている限り、疑問を持つことがないほうが不自然です。しかし、神に挑戦することは問題です。エレミヤは、

「神様が正しいのは分かっていますが、二,三のことを話させてください」

と言います。それは、不信仰だということではなく、信じているがゆえの質問であり、神はそれを受け止めてくださいます。しかし、

「もし、神様が正しいなら・・・」

という類のものは別です。これは、神が正しくないと反抗していて、人生を迷宮入りにさせてしまいます。詩篇73篇の作者も同じような疑問に苦しみました。詩人は

「ある日、神の聖所で瞑想していた時、…悟った」(17節)

と言います。み言葉を瞑想(meditate)する時間は大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>