エレミヤ 5章

「あなたがたの咎が、これを追い払い、あなたがたの罪が、この良い物を拒んだのだ。」(25節)

神は私たちに良いものを与えたいと願っておられますが、罪がそれを妨げると言います。罪は

「的外れ」

という意味がありますが、

神を無視して生きている人生

は、まさに

「的外れ」

ということになります。

人が本来造られた目的ではなく、暗闇の力に振り回されている状態

は、まさに

「的外れ」

と言えます。

自分の問題を棚上げして、「神が自分の願いをかなえてくれない」と言う

のは、まさに

「的外れ」

と言えます。私たちは神に文句を言う前に、自分自身を調べることも大切です。詩人もこう言っています。

「ああ神よ。私の心を探り、内面を調べ上げてください。あなたを悲しませるようなものがあるなら、教えてください。私が永遠のいのちへの道からそれないようにお導きください。」(詩篇139:23,24LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>