エレミヤ 3章

「行って、次のことばを北のほうに呼ばわって言え。背信の女イスラエル。帰れ。――主の御告げ。――わたしはあなたがたをしからない。わたしは恵み深いから。――主の御告げ。――わたしは、いつまでも怒ってはいない。」(12節)

北イスラエル王国に対する神のみことばは厳しいものがあります。しかし、深いあわれみも含まれています。北イスラエルの神に対する愚行はひどいものでしたが、神はその怒りを恵みへと変えることをここで語られます。ただ、次の節に私たちは目を留める必要があります。それは、

「ただ、あなたは自分の咎を知れ。」(13節)

という言葉です。私たちもまた、神の深いあわれみの中で、イエス様の十字架の贖いによって赦されたものです。しかし、その罪の重さを感じることができなければ、赦されたことの素晴らしさもわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>