イザヤ 44章

「わたしは、あなたのそむきの罪を雲のように、あなたの罪をかすみのようにぬぐい去った。わたしに帰れ。わたしは、あなたを贖ったからだ。」(22節)

44章の前半は、

「偶像を造り、それを神にするとはなんと浅はかな者でしょう。そんな者たちの希望はむなしい夢にすぎません。」(9節LB)

とあるように、人が手で作った命もない偶像を礼拝することがどれほどむなしく、愚かなことかということが記されています。

「これはただの木切れではないか。…その残りが神ということがありえるだろうか。木切れにひれ伏すなど、ばかげている。」(19節LB)

私たちを造られた神はこの世界のすべてを創造されたお方です。このお方は言われます。

「さあ、わたしのもとに帰ってきなさい。あなたを自由にする代価は支払いずみだ。」(LB)

今日は主の日。主のもとに帰り、礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>