イザヤ 31章

「ああ。助けを求めてエジプトに下る者たち。彼らは馬にたより、多数の戦車と、非常に強い騎兵隊とに拠り頼み、イスラエルの聖なる方に目を向けず、主を求めない。」(1節)

私たちは目に見えるものに弱い傾向があります。目に見えない神を求めるよりも、目に見える何かに拠り頼む方が確実に思えてしまうのです。しかし、3節で神はこうおっしゃられます。

「エジプト人はただの人間であって神ではありません。その馬は取るに足らぬ動物で、どんなものでも蹴散らす霊ではありません。主がこぶしを振り上げると彼らはつまずき、助けるはずだった人たちの間で倒れ、どちらも滅んでしまいます。」(LB)

私たちは、まず、神を求める必要があります。公民権運動で有名なキング牧師がこんなことを言っています。

「日々が暗くなり、夜が寂しくなろうとも、上で支配している神がおられることを理解してほしい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>