イザヤ 18章

「主が私にこう仰せられたからだ。「わたしは静まって、わたしの所からながめよう。照りつける暑さで暑いころ、刈り入れ時の暑いときの露の濃い雲のように。」」(4節)

LBでは、今日の箇所をこのように訳しています。

「神はエルサレムの神殿から静かに眺めています。心地よい夏の日のように、収穫の秋のすがすがしい朝のように、ゆったりと。しかし、神は手をこまねいているわけではなく」。

私たちは神が沈黙されているように感じることがあります。しかし、神は私たち人間のようにあわてふためく方ではありません。神は神の時に、必ずその御業をなされます。その状況を、神が静かにご覧になっているからと言って、神が手をこまねいているわけではありません。神は神の時に、その御業をなしてくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>