イザヤ 7章

「ところが、『エフライムにアラムがとどまった。』という報告がダビデの家に告げられた。すると、王の心も民の心も、林の木々が風で揺らぐように動揺した。」(2節)

この当時、すでにイスラエルは北と南に分裂していました(北イスラエルと南ユダ)。そして南ユダ王国に対して、アラム(シリア)と北イスラエルが攻めのぼるのですが、南ユダの首都であったエルサレムは陥落しなかったということがこの箇所の背後にある内容です。つまり、南ユダがこの戦いに勝利をしてたのです。にもかかわらず南ユダ王国(ダビデの家)の王も民もアラムと北イスラエルが同盟を結んだといううわさを聞いただけで激しく動揺しました。こういうことは私たちの人生にもよくおこります。敵を過大評価しすぎてしまうと恐れや不安でいっぱいになってしまいます。問題を大きくしすぎないように、神の偉大さに目を向けることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>