1テモテ 1章

「この命令は、きよい心と正しい良心と偽りのない信仰とから出て来る愛を、目標としています。」(5節)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

使徒パウロは「教え」のゴール(目的)は「愛」だと言います。コリント書で

「たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。」(1コリント13:2新共同訳)

と言いましたが、同じような内容だと思います。「愛」を目的としない「教え」は無に等しく、教会においては混乱をもたらします。もっともその「愛」は、きよい心、正しい良心、偽りのない信仰を土台としたものだと言います。LBではこう訳しています。

「私がひたすら願い求めるのは、すべてのクリスチャンが純粋な愛の心を持ち、その思いがきよめられ、信仰が強められることです。」

今日は新年礼拝。今年も共に主に礼拝を捧げましょう。

※ 本日は13時半より新年礼拝。(9時、10時半、18時はありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>