雅歌 5章

「そのことばは甘いぶどう酒。あの方のすべてがいとしい。エルサレムの娘たち。これが私の愛する方、これが私の連れ合いです。」(16節)

この章の後半は質問と、応答の形式になっています。9節に、

『あなたの愛する人はどのような方なのですか。なにがすぐれているのですか。』

という問いかけがあり、10節以降に

『私の愛する方はこのような方です。』

という説明がなされているのです。これは、イエス様とは、どのようなお方なのですか?という質問にも理解することができると思います。私たちは、そのように誰かから問いかけを受けた時に、どのように答えるのでしょうか。まず、私たち自身がイエス様を知ることがなければ、本当の意味で答えることはできないと思います。私たちは、イエス様のことをどれくらい知っているのでしょうか。この箇所のように情熱的に答えられたらと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>