2テサロニケ 3章

「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせてくださいますように。」(5節)

パウロの祈りは、神が一人一人の心を、「神の愛」と「キリストの忍耐」に導かれることでした。文脈から考えますと、「神の愛」というのは、

「主のことばが至る所で急速に広まり、あなたがたのところで起きたと同じように、各地で救われる人が起きるように祈ってください」(1節LB)

ということに関係があると思われます。

「キリストの忍耐」は、

「私たちが悪い者たちの手から救い出されるように祈ってください。」(2節LB)

と関係しているように思われます。すべての人が救われるように祈り、伝道していく「神の愛」と、それに伴う数々の試練に耐えていく「キリストの忍耐」とその両方が必要です。

「しかし、主は真実な方ですから、あなたがたに力を与え、悪魔のどんな攻撃からも守ってくださいます。」(3節LB)

というみことばをしっかり握っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>