詩篇 140篇

「私は主に申し上げます。「あなたは私の神。主よ。私の願いの声を聞いてください。私の主、神、わが救いの力よ。」(6,7節)

LBでは、こう訳しています。

「ああ、私の救い主であり盾である主よ、この祈りに耳を傾けてください。」
天地万物を創造された偉大な神を、私の神、私の救い主、私の盾と呼ぶことができることは、なんという特権でしょうか。しかも私たちは、このお方に祈ることができるのです。ダビデの人生はまさに波乱万丈でした。しかし、そんな彼が生き長らえただけでなく、すばらしい人生を送ることができたのは、彼のこの信仰にあったことは明らかだと思います。私たちもダビデにならって、主を私の神、私の救い主、私の盾と呼ぼうではないでしょうか。私たちの主イエスは、そのために私たちのために十字架にかかり死なれ、よみがえられたのですから。「私の主、私の神、私の救い主、私の盾なるイエス様、あなたを呼び求めます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>