詩篇 119篇

「あなたはいつくしみ深くあられ、いつくしみを施されます。どうか、あなたのおきてを私に教えてください。」(68節)

詩篇119篇は、いろは歌になっています。ヘブル語のアルファベットにそって、神のみことばの大切さを歌います。サタンは「神のみことば」の力を知っているので、私たちが「神のみことば」に対する信頼を揺るがそうとします。「神のみことば」が私たちに信仰を与え、私たちにいのちを与えます。「神のみことば」に力がある理由は、語られる神が今生きておられ、力があるからです。時の権力者の言葉にさえ力があるのです。なおさら、生ける神のことばに力があるのは当然のことと言えます。このお方は、いつくしみ深く、いつくしみを施されるとあります。口語訳では

「あなたは善にして善を行われます。」

新共同訳では

「あなたは善なる方、すべてを善とする方。」

このお方のみことばを求めようではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>