詩篇 102篇

「窮した者の祈りを顧み、彼らの祈りをないがしろにされなかったからです。」(17節)

神様が忙しすぎて、私たちの祈りを顧みることができないということはありません。今日の箇所をLBではこう訳しています。

「神は、苦闘している人の祈りを聞いてくださいます。主には、忙しくて彼らの願いが耳に入らないということはありません。」

理解できない状況の中にいる時ほど、この真理をしっかりと握り締めて宣言する必要がある時はありません。分からないことのゆえに、分かっていることを犠牲にすべきではありません。神は私たちの叫びを聞いてくださるお方です。今日も、主の御名を呼び求めましょう。主は聞いてくださっています。そして、最高のタイミングで、主は私たちの祈りに応えてくださいます。

今日は主の日。共に主を呼び求め、主に礼拝をささげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>