詩篇 97篇

「主は、王だ。地は、こおどりし、多くの島々は喜べ。」(1節)

イスラエルの人々の祈りは、主ご自身が彼らの王となることでした。王が意味することは「統治」です。「神が統治する」、これ以上の良い知らせはありません。神の統治は、イエス・キリストの十字架によって、この地にもたらされました。憎しみと争いが統治するこの世界に、愛と赦しの統治を十字架によってもたらしました。十字架の上でキリストは祈られました。「父よ、彼らを赦したまえ。」神の愛と赦しの統治は、死をもって終らせることはできませんでした。キリストは死の力を打ち破り、よみがえられました。神の愛と赦しの統治は、今も、広げられています。私たちは憎しみの力に負けてはいけません。十字架と復活のイエスを見上げて、神の愛と恵みの統治の知らせを伝えていかなければなりません。
「神は統治される。叫ぶ何かがあります。」(1節MSG)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>