詩篇 91篇

「いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。」(1節)

私たちの人生に大きな影響を与えるもの、それは「恐れ」ではないでしょうか。「恐れるものは何もない」と言っても、問題に翻弄されているならば、ただの強がりでしかありません。この詩は、恐れへの勝利が記されています。

「ですから、もう暗闇を恐れることはありません。真昼の襲撃にもおののくことはありません。暗闇に乗じてはびこる疫病も、明け方に襲いかかる災害も、恐れるに足りません。」(5,6節LB)

どうやって、そのように恐れに打ち勝つことが出来るのでしょうか?1節に、こう書いてあります。

「全能のお方のふところに住んでいます。」(LB)

全能なる神は、私たちの隠れ場、私たちの苦難の日の砦です。日々神様の御翼の陰に身を置くならば、私たちは何も恐れる必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>