詩篇 88篇

「主、私の救いの神。私は昼は、叫び、夜は、あなたの御前にいます。私の祈りがあなたの御前に届きますように。どうか、あなたの耳を私の叫びに傾けてください。」(1,2節)

メッセージ訳では、

「あなたは私のラストチャンス」

と訳しています。神様が最後のチャンスだと。そして詩人は、ただ主を祈り求めます。神様は時として、私たちがそのような状況に追い込まれることを許されます。使徒パウロも同じ体験をしました。

「打ちのめされて、もうこれ以上生き延びるのはむりかと思いました。」(2コリント一・八LB)

彼は、自分の無力さを痛いほど思い知らされたと言います。しかし、それで終わりません。パウロは続けて言います。

「しかし、それがよかったのです。というのは、そんな状態の中で、何もかも神にお任せしたからです。」(九節LB)

神様は私たちが神様だけを頼るようにされます。今日は主の日。主に叫び、主に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>