詩篇 62篇

「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。」(1節)

「私の救いは神から来る。」という箇所を、LBでは、

「救うことができるのは神だけですから。」

と訳しています。私たちは黙って神を待ち望むためには、「救いは神から来る」ということ、「救うことができるのは神だけ」ということを受け止める必要があります。パウロは自分の無力さを痛いほど思い知らされた時に、

「救い出すことができるのは、神様だけです。」(Ⅱコリント1:9LB)

ということを悟りました。パウロは黙ってというよりも、黙らされて、神を待ち望み、「救うことができるのは神様だけ」ということを身をもって体験させられました。新共同訳では、

「わたしの魂は沈黙して、ただ神に向かう。神にわたしの救いはある。」

と訳しています。リック・ウォーレン師がこんなことを言っています。

「神は自ら助くる者を助けない。神は神を頼る者を助ける。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>