詩篇 58篇

「力ある者よ。ほんとうに、お前たちは義を語り、人の子らを公正に裁くのか」(1節)

テレビや新聞で報道される国内外の事柄から家庭や学校など身近な所に至る出来事まで、私たちは自分の価値観で物事を判断し、裁く傾向にあると思います。多くの場合、自分は正しいと思い、正義感に燃えてジャッジをするのですが、果たしてそれは本当に正しい判断なのでしょうか。自分の育ってきた環境だけがすべてではなく、視点も様々です。私たちは何かを判断する場合、もっと謙遜になるべきではないでしょうか。私たちは神ではありませんから当然不完全であり、間違いも犯します。そんな欠けのある私たち人間が、自分の判断、ジャッジは絶対に正しい!と思うことに関して聖書は警告を与えているのです。五八篇の最後はこう締めくくられています。

「まことに、さばく神が、地におられる。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>