詩篇 50篇

「感謝のいけにえを神にささげよ。」(14節)

神は感謝のいけにえを求めています。

「わたしが求めているのは、真心からの感謝」(LB)

と神は言われます。一八九〇年、アメリカのミシガン湖で、遊覧船が沈没する事故がありました。当時、大学の水泳選手だったスペンサーは、全力で十七人のいのちを救い出しました。長い年月が過ぎたある日、その出来事をトーレー博士が伝道集会でメッセージしました。すると、そこに老人になったスペンサーがいました。説教の後、トーレー博士がスペンサーに尋ねました。「当時、いのちを救われた十七人のうち、何人が感謝を表しましたか。」スペンサーは、ほほ笑みながら答えました。「一人です。」自分のいのちを救ってくれた人に感謝するのは当然なことです。しかし、残念なことに、感謝を忘れて生きている人たちの方が多いのが現実です。神が求めている人は、奇蹟の主人公ではなく、感謝の心をもっている人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>