詩篇 47篇

「まことに神は全地の王。巧みな歌でほめ歌を歌え。」(7節)

イスラエルの神は全地の王です。王が意味することは、次節にあるように、

「神は国々を統べ治めておられる。」

ということです。人々は自己中心的な統治者たちに疲れ果てていました。人々の願いは、神(ヤハウェ)ご自身が統べ治めること、王となられることでした。イザヤ書にこうあります。

「良い知らせを伝える者の足は山々の上にあって、なんと美しいことよ。平和を告げ知らせ、幸いな良い知らせを伝え、救いを告げ知らせ、「あなたの神が王となる。」とシオンに言う者の足は。」(イザヤ52:7)

イエス・キリストが十字架にかかられた時、この預言が成就しました。神は神の御子が十字架にかかり死ぬことを通して王となりました。復活は罪と死の支配が打ち破られたことを証明しました。神を王としてほめ歌を歌うことは、神の御国をこの地に現す大切な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>