詩篇 34篇

「主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ。彼に身を避ける者は。」(8節)

英語の訳では、

「味わい、見つめよう、主が善い(GOOD)ということを」

と訳しています。神を味わうという表現は面白い表現だと思います。まさに、神との関係は頭の中の話ではなく、体験する世界ということだと思います。哲学的に神学を勉強するだけではなく、実際に神を味わうことがなければ、本当の意味で神を知ることができないということだと思います。つまり、膝を屈めて祈ることを通して、神ご自身を味わう必要があるということです。礼拝者として、他の礼拝者たちと共に神に礼拝を捧げることを通して、神のすばらしさを見る必要があるということです。味わうためには、口を開ける必要があります。見るためには、目を開ける必要があります。神が善いお方、素晴らしいお方だということを知りたいのであれば、信仰によって神を味わう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>