詩篇 16篇

「私は助言を下さった主をほめたたえる。まことに、夜になると、私の心が私に教える。」(7節)

助言を求められた時、まことの助言者である主に求めるように励ますならば、神が語ってくださるという世界を体験できます。加藤常昭師はこんなことを言っています。

「今の若い人たちは聖書を読まないとか、聖書は難しいとか、古い時代の文書であるとか、そう言われているけれども、そんなことはないんだ。今の人たちがなぜ聖書から遠ざかってしまったかというと、今の若者たちに責任があるのではなくて、我々神学者に責任がある。我々神学者がどうしているかというと、『あなたがた素人は、我々専門家が説明をしないと聖書がわからない人たちだ』と言っている。だから、聖書のある箇所を読んでも、そういう考えを植え付けられている人たちは、これについて専門家が語っている文章を読まないとわからない。」

牧師でなくても、専門的な教育を受けていなくても、日々、聖書を開くならば、神は必ず、私たちに語ってくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>