詩篇 12篇

「主よ。お救いください。」(1節)

ここに力強い祈りの言葉があります。ここで使われている「お救いください」という言葉に「お願いします」という意味の「ナ」を付け加えると「ホサナ」になります。イエス様がエルサレムにロバの子に乗って入城する時、人々は「ホサナ!」と叫びました。これは、「お救いください。お願いします!」という意味があります。「お救いください」とも訳せますが、「主よ。助けてください。」とも訳せます。マタイ14章でペテロが溺れたとき、叫んだ祈りがこの祈りです。

「主よ。助けてください。」

イエス様は、この叫びを聞かれて、「すぐに手を伸ばして、彼をつかん」だとあります。追い詰められた時、「主よ。助けてください。」と主を呼び求める時、私たちは神の現実を体験します。ちいろば先生はこう勧めます。「よく『神様が分からない。神様が分からない』と言う人がいますが、…神様の言葉に聴き従って御覧なさい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>