ヨブ記 35章

「しかも、あなたは神を見ることができないと言っている。訴えは神の前にある。あなたは神を待て。」(14節)

この世の不条理に対して、神の不在を哲学者は主張して来ました。人々は抑圧されて叫び声を上げてきました。エリフは言います。

「神にこう問いかけたところで、神は、抑圧する者にすぐさま報復してくれるわけではない。」(12節LB)

しかし、エリフは哲学者たちと違い、ここでは終わりません。

「かといって、神がこのような叫びに耳をふさいでいると思うのは間違いだ。神は事の成り行きを見ていないと考えるのは、いっそう大きな間違いだ。神を待ち望みさえすれば、正しいさばきをしてくださる。神が怒ってすぐ罰しないからといって、大声を上げて神にかみついてはいけない。」(13-15節LB)

私たちは神ではありませんし、神になることも絶対にありません。神は善にして善を行われるお方です。私たちはあきらめずに神を待ち望む姿勢が必要です。神は生きておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>