ヨブ記 30章

「私はあなたに向かって叫びますが、あなたはお答えになりません。私が立っていても、あなたは私に目を留めてくださいません。」(20節)

信仰者にとって一番辛いのは、神が答えてくださらない、見捨てられたように感じる時だと思います。イエス様も、十字架の上で叫ばれました。

「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになるのですか。」

しかし、現実は、神は見捨てていたわけではありませんでした。十字架を通して神は勝利をとられ、復活はそれを証明しました。神はヨブも見捨てていたわけではありませんでした。この後、実際に神が介入されますが、神が別にヨブに目を留めていなかったわけではなかったことが分かります。たとえそう見えなくても、神は私たちを見放すことも、見捨てることもありません。理解できない、判別もできない暗やみの中で、この明確な真理を手放してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>