ヨブ記 17章

「神は私を民の物笑いとされた。私は顔につばきをかけられる者となった。」(6節)

まさに、これこそ、文字通り十字架のイエス様が体験されたことでした。人々はイエス様をあざ笑い、つばきをかけました。ヨブは正しい人でしたが、イエス様は神の子であり、完全にきよいお方でした。

「義人の苦しみ」

こそ、十字架のイエス様の姿でした。どうしてイエス様は、このような苦痛を受けなければならなかったのでしょうか。この世界でヨブの気持ちを理解することができる人がいるとしたら、それはイエス様です。聖書は言います。

「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。」(ヘブル4:15)

イエス様は私たちを愛されるがゆえに、私たちと痛みを共有するために、苦痛を受けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>