ヨブ記 1章

「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」(21節)

ヨブ記を理解する上の前提は1節です。

「この人は潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。」(1節)

ヨブは神も認める潔白で正しい人でした。ヨブ記のテーマの一つは、

「正しい人がどうして苦しむことがあるのか」

ということです。悪い事をした人に災いが起こったとしても、私たちは悩むことはありません。しかし、正しく生きている人に災いが起こる時に、私たちは納得がいかなくなります。しかし、今日のヨブの発言は、私たちの心を揺さぶります。

「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」

すべては主の御手の中にある。ヨブは状況に関係なく、すべてを神への賛美へと変えました。いつでも、どんな時でも、神の御名がたたえられますようにというこのヨブの姿勢をもつことが出来ますように。

今日は主の日。共に、主の御名をほめたたえましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>