ピリピ 2章

「こういうわけですから、もしキリストにあって励ましがあり、愛の慰めがあり、御霊の交わりがあり、愛情とあわれみがあるなら、」(1節)

この箇所は、三位一体的に解釈することができます。まず、子なる神、キリストにあって励まし(または、慰め)があるようにという祈り。次に、父なる神にある愛の慰めがあるようにという祈り。そして、聖霊にある交わり(コイノニア)があるようにという祈り。最後の「愛情とあわれみ」は、「聖霊にある交わり」を解説していると理解できるかもしれません。LBでは、後半部分をこう訳しています。

「あなたがたは同じ御霊を共にいただいており、主にあって互いが兄弟であるということの、ほんとうの意味がわかっているでしょうか。やさしい心と思いやりが、少しでもあるでしょうか。」

「やさしい心と思いやりが、少しでもあるでしょうか」という問いは、いつの時代も、聖霊の共同体(教会)である私たち一人一人に投げかけられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>