エステル 7章

「こうしてハマンは、モルデカイのために準備しておいた柱にかけられた。」(10節)

この話は、ただ、悪者ハマンがやっつけられて、めでたしめでたしという類の話なのでしょうか。新約聖書の光から考えると、敵でさえ愛するように命じられたイエスの話と矛盾する感じもします。新約聖書的には、エペソ書6章にあるように私たちの本当の敵は、血肉をもった人間ではなく暗闇の支配者である悪魔です。では、何を神はここから私たちに教えたいのでしょうか?注目すべきポイントは、ハマンはモルデカイのために柱を用意し、しかもそれに自分がかけられたほど、準備は完全に整っていました。将棋で言う、次の一手で詰む状況でした。ところが大どんでん返しが起こったのです。神は、私たちがモルデカイのように99パーセント詰められたような状況においても、神は大どんでん返しの神だから、希望を捨ててはいけないと教えているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>