ネヘミヤ 7章

「私は、兄弟ハナニと、この城のつかさハナヌヤとに、エルサレムを治めるように命じた。これは、ハナヌヤが誠実な人であり、多くの人にまさって神を恐れていたからである。」(2節)

ネヘミヤがエルサレムを治めるために任命した人は、誠実で、神を恐れる人でした。イエス様も言われました。

「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。」(マタイ25:21)

小さなことにも誠実に生きているなら、やがて信頼を得て、より大きなものが任されるようになると言われました。誠実は英語でFAITH(信仰)-FUL(充満)と言います。信仰に満ちている人は誠実な人です。確かに、神を人一倍畏れているならば、誠実な生き方になるのは明らかです。神はすべてをご存知であり、神をだますことは出来ないからです。どんな小さいことでも、神を畏れ、忠実に行うことができますように。

※ イースターおめでとうございます。本日はイースター、イエス・キリストの復活を覚え、礼拝を捧げます。
本日のSSCの第三礼拝(18時から)は、午後からもたれるチャレンジキャンプ(学生キャンプ)のためお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>