ネヘミヤ 3章

「その次に、テコア人たちが修理したが、そのすぐれた人たちは彼らの主人たちの工事に協力しなかった。」(5節)

今日の箇所を新共同訳ではこう訳しています。

「しかし、その貴族たちは彼らの指導者たちの作業に服そうとしなかった。」

みんなで協力して城壁を建てるはずでしたが、ある人々はネヘミヤの指導に協力しなかったことが記録されています。詳細は分かりませんが、彼らは地位の高い人たちであったようです。ですからプライドが邪魔をしたのかもしれません。ネヘミヤは協力してくれる事を期待していたと思います。神のためであっても、全員の協力が得られるとは限りません。しかし、協力する人たちがいたからこそ、城壁は建て直されました。もっとも、どんな指導者にも協力するには謙遜になる必要があります。協力者たちは、指導者よりも、その人を立てた神を見ていたから協力できたのだと思います。教会が建てあげられる所には謙遜な協力者たちがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>