ネヘミヤ 1章

「私はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って」(4節)

ネヘミヤは「王の献酌官」(11節)でした。彼はそのままで、生活は保障されていたようなものでした。しかし、人生というのは、自分の生活が保障されていればいいというものではありません。神が私たち一人一人を目的をもって造られましたので、私たちは自分が造られた目的に生きるまでは、どんなに保障されていても満足することはありません。聖書は言います。

「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。」(ピリピ2:13)

神は私たちの内側に働かれて、ネヘミヤがそうであったように、私たちがいてもたってもいられなくされます。私たちが心に留めるべきことは、ネヘミヤが数日の間、祈っていたということです。祈りを通してのみ、私たちは神の目的に生きることができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>