2歴代誌 14章

「アサはその神、主に叫び求めて言った。 『主よ。力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。私たちの神、主よ。私たちを助けてください。私たちはあなたに拠り頼み、御名によってこの大軍に当たります。主よ。あなたは私たちの神です。人間にすぎない者に、あなたに並ぶようなことはできないようにしてください。』」(11節)

無限に1を足しても、無限に100を足しても変わりはありません。私たちの神は無限の神なので、力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも変わりはありません。大事なのは私たちが無限の神に拠り頼み、そのみ名によって歩んでいくかどうかということです。ですから使徒パウロはこう言いました。

「神様が味方なら、だれが私たちに敵対できるでしょうか。」(ローマ8:31LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>