2歴代誌 11章

「実は、レビ人は自分たちの放牧地と所有地を捨てて、ユダとエルサレムに来たのである。ヤロブアムとその子らが、主の祭司としての彼らの職を解き、自分のために祭司たちを任命して、彼が造った高き所と雄やぎと子牛に仕えさせたからである。」(14,15節)

北王国のヤロブアム王は、神が任命した祭司たち、レビ人たちを軽視しました。聖なるもの、神の領域を侵して、自分勝手に判断し、自分の都合のよいように、「自分のために祭司たちを任命し」ました。このような自分勝手な信仰姿勢は、ヤロブアム王のようにどんどんとずれていきます。聖書が私たちに教えていることは、このようなヤロブアム王のように自分勝手に判断するのではなく、神のみことばである聖書に従って判断することが大事だということです。聖書が何と言っているか、聖書を中心とした信仰姿勢が求められているということです。今日は主の日、共に主を礼拝し、主の御言葉に耳を傾けましょう。

※ 本日から、今年のアルファ(キリスト教基礎講座)が始まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>