1歴代誌 29章

「そのうえ、私は、私の神の宮を喜ぶあまり、聖なる宮のために私が用意したすべてのものに加えて、私の宝としていた金銀を、私の神の宮のためにささげた。」(3節)
ダビデは
「全力を尽くして、私の神の宮のために用意をした」(2節)
だけでなく、喜びのあまりそれに加えて捧げたとあります。神に捧げることは喜びです。私たちは受けるためにではなく、捧げるために生きています。29節にこう書いてあります。
「こうして、民は自分たちのみずから進んでささげた物について喜んだ。彼らは全き心を持ち、みずから進んで主にささげたからである。ダビデ王もまた、大いに喜んだ。」
捧げることが喜びだと言う世界を体験するためには、みずから進んで、自発的に捧げる姿勢を持つことが大事だと思います。ですから使徒パウロもこう言っています。
「ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。」(Ⅱコリント9:7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>