1歴代誌 26章

「このシェロミテと彼の兄弟たちは、ダビデ王と一族のかしらたち、および、千人隊の長、百人隊の長たち、将軍たちが聖別してささげた聖なるささげ物のすべての宝物倉をつかさどった。」(26節)

シェロミテと彼の兄弟たちは聖なる会計係りでした。ダビデ王や将軍など、国民の指導者が神様に捧げた物を管理する役でした。また、

「預言者サムエル、キシュの子サウル、ネルの子アブネル、ツェルヤの子ヨアブのささげ物、そのほかの著名人のささげ物を管理する責任がありました。」(28節LB)

コリント人への手紙第一にこういう箇所があります。

「私たちを、キリストのしもべ、また神の奥義の管理者だと考えなさい。このばあい、管理者には、忠実であることが要求されます。」(4:1,2)

「忠実とは、それをゆだねた方の意志を尊び、それを生かすということである。しかし、それはただ失われないように保存するということではない。」

とちいろば先生が言うように、神の恵みを生かしていけますように。

今日は主の日、主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>