1歴代誌 20章

「彼はイスラエルをそしったが、ダビデの兄弟シムアの子ヨナタンが彼を打ち殺した。」(7節)

現代における旧約聖書解釈の難しい点は、今日の箇所のような血なまぐさい箇所です。人の命が軽視されているように感じてしまいます。当時の歴史的文脈もありますが、旧約聖書は旧約だという理解も大切です。「旧」が意味することは「古い」ということで、つまり「新約」からの理解が必要ということです。新約聖書にはこう書いてあります。

「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」(エペソ6:12)。

私たちをそしっているのは、人ではなく、悪魔、悪霊です。私たちは敵を間違えてはいけません。聖書は注意します。

「もし互いに愛し合わず、いがみ合ったり、非難し合ったりしているなら、結局、共倒れになってしまいます。気をつけなさい。」(ガラ5:15LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>