2列王記 12章

「ヨアシュは、祭司エホヤダが彼を教えた間はいつも、主の目にかなうことを行なった。」(2節)

ヨアシュ王は祭司エホヤダが生きている間は、神を喜ばせようと一生懸命に努力しました。しかし、歴代誌を見ると、

「エホヤダが死んで後、ユダのつかさたちが来て、王を伏し拝んだ。それで、王は彼らの言うことを聞き入れた。」(2歴代誌24:17)

ヨアシュは傲慢になり、自分にひれ伏す高官たちに操られてしまいます。その時、祭司エホヤダの子ゼカリヤに聖霊が臨みました。

「なぜ神様の戒めに背いているのか、神様は、そのわけを知りたいと言っておられる。こんな状態では、何をしても失敗に終わるだけだ。」(20節LB)

傲慢になったヨアシュ王は、彼に対して愛と忠誠を尽くした祭司エホヤダの子ゼカリヤの言葉にも耳を傾けられなくなってしまいました。

「神は高慢な者を退け、謙遜な者に力をお与えになります。」(ヤコブ4:6LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>