2サムエル 4章

「私のいのちをあらゆる苦難から救い出してくださった主は生きておられる。」(9節)

ダビデは、彼のいのちを救い出してくださったのは神様だと言うことを理解していました。使徒パウロも同じことを告白しています。

「ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。」(Ⅱコリント1:9,10)

ダビデもパウロも、今の自分があるのは神の恵みであることを理解していました。
今日は主の日。今も生きて御業をなされる主に共に礼拝を捧げましょう!

※ 本日のSSCの第三礼拝は、町田で15時からもたれる合同聖会(ゲスト:吉村美穂、メッセージ:小山牧師)に合流するためお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>