2サムエル 2章

「この後、ダビデは主に伺って言った。『ユダの一つの町へ上って行くべきでしょうか。』すると主は彼に、『上って行け。』と仰せられた。ダビデが、『どこへ上るのでしょうか。』と聞くと、主は、『ヘブロンへ。』と仰せられた。」(1節)

ダビデは神に伺うことなくペリシテ人の地に行ってしまった結果、多くの苦い経験をしてしまいました。今回は、神に伺ってから、ヘブロンへ向かいました。この時からダビデの人生は開けていきます。私たちは自分の目にいい道を選ぶのではなく、神に伺いながら進むことが大事です。神は私たちに将来と希望を与えたいからです。アルファのニッキー先生は神の導きを知ることが出来る5つの方法があると言います。

一、聖書の命令。

二、聖霊の強いうながし(祈る時に語られる。強い願い。特別な方法)。

三、常識。

四、クリスチャンの助言。

五、状況的なしるし。

これらの五つを見ていくことが必ず助けになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>