1サムエル 28章

「それで、サウルは主に伺ったが、主が夢によっても、ウリムによっても、預言者によっても答えてくださらなかったので、」(6節)

サウル王の問題の一つは待つことができなかったということです。最初の失敗も、サムエルを待つことができなかったことが原因でした。今回も、主が何も答えてくださらないと待つことができずに、霊媒に走ってしまいます。聖書は霊媒や占いを禁じています。それは、人を滅ぼすものだからです。サウル王は霊媒に頼った結果、希望をも失ってしまいました。サウル王はいつも自分で何とかしようと、神の時を待つことができませんでした。それが彼を滅びの道へと進ませてしまいました。ユージーン・ピーターソンは、こんなことを言っています。

「効果的になるためには、祈りがまず最初に私たちがすることです。最後ではありません。」

今日は主の日。まず、神の時があることを認め、主に礼拝を捧げましょう。

※ 本日のSSCは講壇交換。横須賀クリスチャンセンター(http://yokosukachristiancenter.jimdo.com)の芳三容子先生が第一から第三までメッセージされます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>