1サムエル 25章

「今、あなたはどうすればよいか、よくわきまえてください。わざわいが私たちの主人と、その一家に及ぶことは、もう、はっきりしています。ご主人はよこしまな者ですから、だれも話したがらないのです。」(17節)

ナバルという非常に裕福な実業家がいました。彼は

「けちで頑固で、行状もよくない」(3節LB)

人物でした。そんな彼の一番の問題は、誰も彼と話したがらないということでした。つまり、彼に『聞く耳がなかった』ので、誰も彼に話をしなくなってしまったということです。まさに「裸の王様」状態だったのです。しかし、彼の妻のアビガイルは違っていました。彼女は、若者のひとりの助言に耳を傾け、事の重大さを知り、速やかに対応をしました。私たちは「ナバル化」しないためにも、謙遜に他者の忠告を聞く耳を持つことが大切です。何よりも、聖書の御言葉を聞く耳を持つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>