ローマ 7章

「私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。」(25節)

「この私」をパウロと考えて、この7章の内容がパウロが救われる前の話か、それとも後の話かという議論がなされます。しかし、シュテンダールという学者は、これはパウロ自身のことではないと言います。「この私」を、旧約聖書で扱われているイスラエルの民族のことだと考えますと、ローマ書は理解しやすくなります。イスラエルの民の問題は、確かに罪だったからです。ですから、旧約聖書の結論は24節になります。

「私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。」

そして、この問題の解決が25節。

「神に感謝!私たちの主のキリスト・イエスを通して!」(直訳)

今日は主の日。主イエス・キリストに感謝と賛美と礼拝を共に捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>